ABOUT US studio SANKとは?

ひとりひとりが、30年以上、ジュエリー制作や原型制作に携わり、職人としていいものを創りあげていく、誇りと自信を持っています。「こんなものをつくりたい」というイメージを三次元の作品に表現し、仕上げていくために、技と知識と、積み重ねた経験 それらに裏打ちされた発想で格闘する、それが職人魂だと考えます。

職人であることにこだわるそれぞれの個性が出会えば、自由自在に創造的に、おもしろいことができそうだという 「おもいつき」 が発端。

本物のいいものを創りたい
枠にこだわることなく、コラボレートしながら創作する空間、それがStudio SANKです。

スタジオでは、以下の活動を行っています。

斉川 嘉世子 Kayoko Saikawa (Macoto)
1956年8月 東京都生まれ
1975年 東京都立工芸高等学校・金属工芸科卒業
1975年 株式会社 ミキモト装身具入社
1980年 ワックス工房勤務
1988年 工房「マコト」を設立
2007年~2010年 京都造形大学・空間演出デザイン学科 准教授
2011年 studio SANKメンバー
ジュエリー原型、フィギア原型などを手がけながら、様々な素材に興味を持ち、探究心旺盛

斉川嘉世子 Kayoko Saikawa(Macoto)'s Workはこちら

ワックス原型制作

ジュエリー、フィギアなどの原型をモデリング製作する仕事をフリーランスでおこなっております。
レッスンクラスではソフトワックスの基本からプロの技までを伝授いたします。

南里 美也子 Miyako Nanri (Miyako)
1956年8月 愛知県豊田市生まれ
1978年 武蔵野美術短期大学 デザイン学部工芸学科卒業
1978年 渡米 Penland craft schoolにて七宝を学ぶ
1980年~1987年 独学で七宝を学び創作活動・発表
1987年~2007年 ブランドジュエリーの七宝を製作
2007年~2010年 京都造形大学・空間演出デザイン学科 准教授
2011年 studio SANKメンバー

七宝焼き&ガラス制作

七宝焼きやほかのガラス、またさまざまな素材をミックスしてアクセサリーや小物などの制作をおこなっております。
レッスンクラスでは七宝焼きの技術を伝えながら、一緒に制作してまいります

久保田 耕一 Kouichi Kubota (Ken)
1948年 東京都世田谷区生まれ
1967年 東京都立工芸高等学校・金属工芸科卒業
1967年~1977年 株式会社 ミキモト装身具勤務
1977年~1992年 工房ジュエリー・ノン勤務
1993年 独立
2007年~現在 京都造形大学・空間演出デザイン学科 准教授
2011年 studio SANKメンバー
日本独特の地金、色仕上げを使用した作品を発表しながら現在も各種のジュエリーを制作・製作

ジュエリー制作

各種技法を使って、長年ジュエリーの製作をしてきました。レッスンクラスでは「つくりたいジュエリー」を制作することができるよう適切にアドバイスいたします。「楽しみながらつくろう」がモットウです。

ページトップへ